ニッコリさよなら、2008。

あっという間に年末です。
いよいよ2008年が終わるんだなぁ。なんだか、年々月日が経つのが早くなってる気がします。(老化?)
今年も、みんな元気でニッコリと年を越せそうなので、ほっとうれしく思ってます。

何かとバタバタの12月後半ですが、こないだの日曜には、毎月第4日曜の定番となった「丘の上の日曜市」に参加して、のんびり、かつ刺激的な楽しい時間を過ごしました。

Okanoue2008

TAMAKIさんが三線弾いて。
知ってる曲は、ふふ~ん♪とハミング。
空の下の音楽って、
本当に気持ちいいです。




Okanoue20082

空の下のお店屋さん。
これも、ほんとにいい気持ち。
ほんの少しだけど、
作ったモノを並べました。




12月の終わりの内子、すんごく寒いと思っていたんだけど、この日はおひさまが照っていて、過ごしやすい1日でした。お客さまもちゃんと来てくださっていて、いろんな方とゆっくりお話ができていい時間になりました。

この日はスペシャルなことに、「樹のぬくもり工房」さんの、木のスプーンやおたま、ターナーなどを自分で仕上げるという体験コーナーがありました。
おうちで「樹のぬくもり工房」さんからいただいた木切れでスプーンを作ってはみたんだけど、ものすごく原始的なものしかできず。(涙)
こんなチャンス、逃しちゃダメ!と、ちょっぴり弟子入りさせていただきました。

仕上げの一足前くらいの状態のスプーンを、「ウスバ」という刃物で削りながら形を整えていくのですが、これが楽しくて、難しい。
切れ味が悪くなってきたら、砥石でとぎながら。これも、楽しいけど、難しい~。(角度は45度!なんだって。わたし、どうしても30度になっちゃってるそうです。ムム。)

作業に夢中になりすぎて、写真を撮るのも忘れていました。
普段雑念だらけのわたしですが、本当に無心になっていました。

Nukumorispoon

仕上がったスプーン。
ぬくもりスプーン。
空の下で作ったから?
お空とピッタリ、似合います。




出来上がったらもう、かわいくてかわいくて、「樹のぬくもり工房」さんに見てもらい、一緒に作業していた方たちにも見てもらい、通りすがりの人にも見せびらかし(汗)。
うん。わたし、本当に親ばか。
でも、ほんとにかわいいんです。

一緒に作業していた方たちも、同じスプーンの素からはじめたはずなのに、それぞれに違う表情のスプーンができていておもしろかったです。

Nukumorispoon2

スプーン兄弟で、パチリ!

白い方が、先月買った分。
桜の木のスプーンです。
わたしは、「えんじゅ」という木を選んで作りました。


また、体験コーナー、してもらえるとうれしいなぁ。
ゆっくりと、家族分を揃えていきたいなと思います。

--------------------------------------

すてきな出会いもありました。

練り香水や石鹸、そしてフラワーレメディというもののお話を聞かせてくれたあやちゃん。

Ayachannonerikousui

これが練り香水。

リラックス。





普通の香水、あこがれもあるんだけど、家事育児中で、最近なぜか敏感肌になったわたしにはとてもムリ。
あやちゃん作の練り香水は香りもほっとする感じで、刺激もなく、いい感じです。
お布団に入る前なんかに、手首にちょこっとつけています。

--------------------------------------

すっごいパンとの出会いもありました。

Yuukotyannopan_2

ただのおいしいパン
・・・ではなく。

なんと!
特別な酵母なし、イーストもなし。

粉とお水、少しのお塩で作ったパン。

少し前に買ったうかたまという雑誌に載っていた、「水と粉だけで作るパン」ってどんなんかな~って、11月の手づくり市で天然酵母パン+コーヒーを出していたゆうこちゃんに聞いてみたら、ゆうこちゃんのパンが、まさにそのパンだったのです。ビックリ。
この日はお昼過ぎに来られたので、お店屋さんはしていないんだけど、「お味見に。」と、自然発酵のパンを分けてくださいました。
感激!

家に帰って、あつい紅茶をいれて、わくわく、パクリ!
おー!おいしい!!
なんていうか、とっても食べやすいパン。
天然酵母のように主張してくることはないんだけど、うまみがしっかりあって、おいしいパンでした。

次に丘の上に行ったら、絶対食べるぞ!と、今から楽しみにしています。

うーん。次からは、お店屋さんじゃなくってお客さんで行こうかな~というくらい、満喫してしまいました。
わたしも、誰かに楽しんでもらえるようにがんばろう!

--------------------------------------

2008年もあと少し。
予定では、明日からわたしの実家へ帰省です。

今年も一年、たくさんのことばをありがとうございました。
また来年も、楽しかったり楽しくなかったり、毎日をみんなで楽しんでいきたいなと思っています。
みなさんも、どうぞよいお年を!
ステキな年末を、そしてお正月を過ごされますように。

| | コメント (10)

菜月農園・手づくり市

こないだの日曜は菜月農園さんでの、年に一度の大きな大きな手づくり市でした。
今年はわたしも、出店者として参加。ワクワクドキドキして当日を待っていたんだけど、前日の夕方まで熱があって、副鼻腔炎もよくならず。体調イマイチのままの参加になっちゃいました。(ぐすん)
副鼻腔炎のため、頭が普段よりさらにスローな動きで、おかしな会話をいっぱいしちゃったかも。(反省)

Image130

さてさて。
出店案内図。
本当はもっと多かったです。
40店くらい。

我々は真ん中のきのこの場所。


ハウスの前の通路際に場所をとって、お店をしました。

Image131

子どもたちのお店みたい?
子どもたちもお店番がんばってました。

おひさまいっぱいでよかった。
お天気に恵まれました。



Image132

今回は、革モノも少し。
影も一緒に、パチリ!

首からかけるちっちゃいポーチ。
プチポチさんです。
(そのまんまー!)
ハル・ノートに記録してます。


いつものように、もんで!洗って!やすって!縫った、革のモノ。
・・・まーったく、売れませんでした。(涙)
まだまだ修行が足りないようです。
自分的にはいいやん!と思っているのですが、他の人にもよいと思ってもらえるのって難しいなぁ。
ダンナから「ぴかぴかの革を、まっすぐに切って使うべき!」というありがたーいアドバイスをもらったのですが、そうやって作ったものが売れても、わたしはうれしくないと思う。
ダンナにそう伝えたら、「じゃあ、売れない~誰も気に入ってくれへん~とか言わんのよ。そんなんいいと思うのはハッコだけなんやからね!」とパシャリと言われちゃいました。
ウヒョー。ヨヨヨ。(泣き崩れ。)

最近よく、モノを作って販売することについて考えていて(今ごろ?!)、まだまだそういう場所に行くのは早いのかな~とか、いやいやチャレンジャー精神がなくっちゃとか、行ったり来たりな気分です。
こんな迷ってる状態じゃあダメなんだけど、そういう時間があってもいいのな。
迷って考えた分、今までの自分よりも自信がもてる自分になれたらいいなぁ。

えっと。副鼻腔炎が悪化してきたようで、なんだか頭の中がもしゃもしゃ。
この話はここまでにして、手づくり市での収穫を。

Image133

まずは、モノたち。

ずらり、並べてみました





アベッカムさんのみかんジュース。
オシャレに包んである中身は・・・アベッカムさんの梅干し。
momぽっけさんのクッキーとプリン。
去年も買った、「、mon」さんのお皿。
樹のぬくもり工房さんのおたまとスプーン。
友人が一握りわけてくれた野生のクルミ。などなど。
おいしかったり、毎日がうれしくなるものばかり。
ありがとう。ニコ!

モノじゃない、感覚的な収穫もたくさん。
いろんな方とお話したこと。
笑顔がステキな人を発見したこと。
暑いくらいの空の下で過ごしたこと。
泥んこの足で走るレンの姿。
(野生児ですね♪と言ってもらったのは、褒め言葉だと思っておきます。汗)

チョンコにも、うれしいことがあったそうです。
お友だちと遊んだことや、すっごくおもしろい紙芝居屋さんを見たこと(ぼびぃさんの紙芝居)、acomiちゃんとパパイヤ音楽団さんの音楽を聴いたこと、きれいなピンクのレイをもらったこと、などなど・・・いろいろ話してくれました。

acomiちゃんが歌ったという「にじ」の歌、チョンコも幼稚園で先生から教えてもらったから知ってるんよーとうれしそうでした。
菜月農園からの帰り道、車の中でみっちり1時間教えてもらって、歌ってもらっているうちに、ふっと思い出しました。
「わたしも、この歌、知ってるー!」

前に、絵本の読み聞かせ会で「とってもステキな絵本なんです」と歌いながら読んでもらった歌でした。いいなぁって思ったのに、すっかり忘れてた。
さっきネットで検索してみると「にじ」という絵本でした。巻末には楽譜もついているそう。
子どもたちと、ゆっくり読んでみたいなぁ。

とってもいい歌なので、聴いてみてくださいね。
チョンコが歌ってくれる「にじ」です。
伴奏は、ハハ。(壊れかけのおもちゃピアノで。)

風邪ひきオンチとヘタッピピアノなので、よさが伝わらなくて残念~!
機会があれば、ぜひきちんと(笑)聴いてみてください。

| | コメント (19)

わぁーい!すごーい!ビックリ!

今朝、幼稚園に子どもたちを送っていったときに、先生から「ちょっとお話が~。」といわれて、ドキドキしました。
「なんかやらかしたのかしら・・・。」とドンヨリしつつ話を聞いていると、なんと、オキャポの描いた絵が、「えひめこども美術展」の特選に選ばれた、とのこと!!

えぇーっ?オキャポが?
いやいや、それはウソでしょー?間違いでしょー??
・・・と、全く信じられなかったんだけど、どうやらドッキリでも冗談でもなく、本当のことのようです。

でもねぇ。
こんなオキャポなのに、なぜ特選?と不思議で仕方ありません。

Okyaponoe

昨日の夜、描いてた絵。
オキャポとおかーちゃんたち。
・・・4歳児とは思えない・・・。





チョンコが4歳の頃の絵と比べると、ものすごーい差があって、正直ちょっと心配していました。
比べることに意味はない、って思ってはいるつもりなんだけど、どうしても比べてしまって。ダメだなぁ。

先生にも、「オキャポはダメだ~って先入観を持ってるでしょ!それはいけない。のびのびしたいい絵を描いてるんだからね。」とお話してもらって、ハハ反省です。

表彰式は来年、1月。県美術館に描いた絵も展示してもらえるそうなので、ものすごく楽しみです。まだ先だけど、ワクワク。
本人に「どんな絵描いた?」って聞いても覚えていないので、見る日が待ち遠しいなぁ。どんな絵なんだろうなぁ。
それにしても、まだ信じられない気持ちです。(しつこい。)

------------------------------------

こないだの火曜に「ナチュラルキッチン もりもり」さんで、蜜蝋クリーム作り、兼ランチを楽しんできました。
毎年冬になると、ビーワックスリップクリームというものを買っていたんだけど、自分で作れるのってうれしいかも!と、挑戦してみました。

↓毎年買っているリップクリーム。

材料が蜜蝋とヒマワリ油、天然の精油のみだということで、子どもたちにも安心して使えそうだなぁと思って選んでいます。

今回もりもりさんで作った蜜蝋(ビーワックス)クリームは、ものすごい山奥で自然農法をしながら日本ミツバチを養蜂している方の蜜蝋をいただいて・・・ということで、ものすごーく安心・安全な感じ。

作り方は、とっても簡単でした。

Image112

蜜蝋1:オイル3の割合。
今回、グレープシードオイル使用。

湯煎で、蜜蝋が溶けるまでじっと待つ。
じっと、じっと・・・ぼやーん。



Image113_2

蜜蝋が溶けたら、
火からおろして。

ぐるぐるぐるぐる。
ひたすら混ぜる。

ぐるぐる・・・ぼやーん。


Image116

しばらくすると、急に固まります。

精油で香りをつける場合は、
ここで入れるといいそうです。
クリーム状になったら、あとは冷ますだけ。
かんたーん!


Image115

左の緑が、グレープシードオイル。

右は、オリーブオイル。

オイルの色で、
クリームの色が変わるんだって。


ちょうど寒くなってきて、子どもたちのほっぺや背中が乾燥してきたのでいいタイミングでした。
さっそくお風呂上りや朝の洗顔後にぬりぬりしています。
お薬を塗ったときのように急激によくなった!という感じではないけれど、かゆがることはなくなりました。わたしも保湿クリームとして使い始めました。
みんなで使えて、安心で、手の届きやすい値段(蜜蝋15グラムで500円・・・画像の量のクリームができるくらい。)なので、肌に合うなら使い続けようと思っています。

蜜蝋クリームつくりの詳しいことは、もりもりさんのブログを見てみてください。ワークショップのお知らせなどもあると思います。

Image117

クリーム作って。

おいしいランチいただいて。
甘いものまでしっかり食べて。
いっぱいおしゃべりして。

しあわせー!


-----------------------------------------

編み編みと、パンの話も少し。

Image119

ウール100%の毛糸で、帽子を。
これは子どもサイズ。

明るくうつっているけど、ピンクグレー。
(だよね?makiちゃん。)



ぽこぽこの玉編みの帽子。長編み5個の玉編みでふっくらです。

寒い冬だから、あったかい色や元気になりそうな色の小ものを使いたいなと思います。

Image120

久しぶりにパンも焼きました。

チョコ入りの、ちっちゃいパン。





Image121

笑ってるように、見える?

スライムに・・・見える??





ただいま、チビッコメンズの間で大流行(?)の「ドラゴンクエスト バトルロード」
この影響で、急に人気がでてきた「スライム」さん。
このスライムのパンを作って、チビッコメンズにモテモテのおばちゃんになろう!と計画中なんだけど・・・。
相変わらずのヘタッピです。トホホ。
モテモテおばちゃんへの道は、遠いかも・・・。(気長に待っててね・・・。)

| | コメント (16)

いのこがきたぞ、寒さもくるぞ。

まず、胃カメラのこと!
木曜に、無事人生初の胃カメラをうけてきました。予定では「鼻から胃カメラ~」だったのですが、鼻の奥がせまくってカメラが通りにくいため、急遽「口から」になりました。
あんなに鼻にゼリー状の麻酔薬を流し込んで、オエオエしたのに・・・とガックリもしちゃいました。
でも、結果は「ごく軽い慢性胃炎」で、特に心配ないとのことでホッとしています。

予想していなかったのは、血液検査でひっかかったこと。
今のところ貧血ではないんだけど、「フェリチン」という、鉄分の元になる材料が、血液中に非常に少ない状態で、いつ貧血になってもおかしくないとのこと。
チョンコを妊娠してからの7年間、妊娠しているか授乳しているかどちらかだったので、食事だけでは十分に栄養をとれていなかったみたいです。かなり体にムリが来ているんじゃないかな~と言われました。
ちょっと迷ったんだけど、数ヶ月鉄剤を飲んで、体内に鉄分を補充することにしました。
かなりドキドキしたけれど、腹痛がきっかけで、からだを調べることができてよかったなって思っています。

胃カメラを励ましてくださったり、心配してくださったり、みなさんありがとうございました!

------------------------------------

昨日は11月最初の「亥」の日。
というわけで、「亥の子」がありました。

Inoko

じーやん作のいのこ棒。

はりきって、行きましょう!





寒いと思って厚着をしていったんだけど、今年は去年より暖かかったです。
いのこ~いのこ~と地面を打っているうちに、子どもたちは汗かいていました。

亥の子の歌、今年も覚えることができなくて残念。途中までは覚えたんだけどな。
来年こそ、ちゃんと覚えるぞ!

Inoko2

いのこ~、いのこ~。

夕方5時から、夜7時半まで。
がんばって歩きました。
おつかれさま!



昨日はあたたかな夜だったのに、今日はお天気が悪かったせいもあるのか、寒い寒いとみんなで震えていました。
亥の子がすんだら、寒さが来る、とよく聞きます。いよいよ寒さ本番になるのかなぁ。

-----------------------------------

今日は、生協に野菜をだしてくださっている農家さんたちの収穫祭がありました。
去年も芋炊きをご馳走になりに行ったんだけど、今年は「風呂敷市」に作ったモノを出させていただきました。

ちいさなお店屋さんをしていると、いろんな方のお話が聞けたり、いろんなオシャレを発見できたり、とっても楽しい収穫がたくさん。

帽子やストールなど、気に入って連れて帰ってもらうことができて、とってもうれしかったです。

昨夜仕上がったばかりの、「ドットストール」も早速お買い上げいただきました。

Dotsutoru

水玉模様のニット生地で。
二重にして、縫い合わせてます。
やわらかくて、あったかい。
首に巻いたり。
肩にかけたり。



Dotsutoru2

かぎ針で、ふち飾り。

同系色で、シンプルな仕上がり。





同じ生地はもうないんだけど、またこんなストール(兼、ちいさなショール)を作りたいなぁと思います。

ハハ、お店屋さんの間に、子どもたちは木工体験。

Image109

竹とんぼ作り。







竹とんぼ、と言っても、お空をびゅーんと飛ぶ竹とんぼ、ではなくて。

Image110

竹でできた、とんぼです。

画像悪いけど、分かるかな~。
糸トンボみたい!




お天気は残念だったけれど、楽しい収穫祭になりました。
今年もおいしい芋炊きをありがとうございました。

| | コメント (14)

HAPPY!SMILE!日曜市

こないだの日曜日、内子・菜月自然農園さんで恒例となってきた「丘の上の日曜市」がありました。
9月の最初にこの日曜市のことが新聞にも載っていたこともあり、大勢の方が丘の上に集まっていました。

ダンナのソフトボールの試合が終わってから行ったので、1時間ほど遅刻で出店。
今回はあまり新しいものを作っていなかったので、出店(と、来るのを)迷っていたんだけど、来てよかったぁー!
すっごくスペシャルなことがたくさんありました。

お昼についたので、お店準備を早々に、いつもの萩さんのカレー。
(6月の日曜市には、この萩さんのカレーを取材に東京カリ~番長さんもいらしてました。リンク先、そのときの記事がのっています。)

Image020

カレーランチ、500円。
チャイは100円。

毎回食べる、お気に入り!
優しい味の、ベジカレー。
お豆がたくさん入ってました。


そうしているうちに、いつもさわやかな空気のあこみちゃんのフラがはじまって。
うっとりしていると、今回はスペシャルなことに、横浜から来られていたハミングキッチンのイシイモモコさんが歌い、あこみちゃんが踊り、いつも出店している「こーさん」がギターを弾き・・・。

Image0221_2

草は緑、木は揺れて。
空の下、人が集って。

モモコさんの声、すごくステキだった。
夢みたいな時間だった。




ハミングキッチン、ちゃんと聴いてみたいっ!と思ってます。
今、公開中の「グーグーだって猫である」の挿入歌も歌っているそう。
観に行きたいけど、なかなか難しそうな現実。いつか、そのうち・・・を楽しみにしようっと。

他にも、樹のぬくもり工房さんに、作ったバターナイフを見てもらったり、スプーン作りのアドバイスをいただいたり。
高知から来られていた「ストローファーム」さんのあったかい木のおもちゃを見せていただいたり。
いつもおいしいアベッカムさんのみかんジュースを飲んだり。
(そして、なんだかしあわせそう~な空気をおすそわけしてもらったり。ふふふ。)

お客さんと話をしたり、自分がお客さんになってお話したり、あっという間の日曜市でした。

もうひとつ、すっごくうれしくってウヒヒな出来事もあったんだけど、それはまた今度記事にしようと思います。
(今はまだ、ヒミツなんです。ニヤッ。)

そして、その日のばんごはん。

Image027

あれれ?これは・・・?

萩さんの、カレー!!!





たくさんあるから、と、とびきりおいしいカレーをおすそわけしてもらっちゃいました。
おうちでも萩さんカレーが食べれるなんて、めちゃくちゃうれしい。
たくさんあったので、次の日のお昼、makiちゃんを誘って、カレーランチも楽しみました。うきうき。
本当にありがたくて、うれしい出来事でした。

最後に、内子の魅力を大発見!なガイドブックをご紹介。
わたしも内子のこと、まだなーんにも知らないので、日曜市であこみちゃんから教えてもらって大興奮。
もちろん購入しました。

いろんな内子の「かお」を知ることができて、日曜市以外でも訪れてみたいなって思いました。
かわいくって、内子の人たちが近くに感じられる、すてきなガイドブックです。もし見かけたら、手にとってみてください。
旅したくなりそう!

| | コメント (4)

歯医者さんと、ピクニック。

土曜、チョンコ初の歯医者さんでの治療となりました。
家で、お口あーん、痛くなったらすばやく手を挙げる!などなど、練習をした成果か、落ち着いて治療をうけることができました。
あと一回で、虫歯とバイバイできるので、がんばろうね。

この歯医者さんの隣には、水が湧き出ているきれいな公園があります。
歯医者さんでがんばったごほうび兼久しぶりのお外ごはんで、プチピクニックをすることにしました。

前日の夜からこねて発酵させておいた、「自家製ヨーグルト酵母」のパン。

102106092008

ロールパン。
ハムチーズロール。
くるみあんぱん。
ミニあんぱん。




たまごサラダも作って持って行って、公園でたまごサンドにすることにしました。

124506092008

空は青くて、雲は白い。
ピクニック日和だねぇ。






125206092008

子どもたちもうれしそう。
食べるより、遊びたーい!






124206092008

みんなでぱくぱく。
外で食べるとおいしいねぇ。
完食でした。





131306092008

一番の甘えんぼさん。
オキャポ。
気付いたら、ひざの上でごろーん。
だらーん。
このままお昼寝しそうな勢いでした。



次の歯医者さんは、金曜日。
その日には、オキャポも小さな虫歯治療ができるように、話をしとかなくちゃ。
また、歯医者さんプラス、ピクニック、しようねぇ。

-------------------------------------------------

今ごろですが、モチーフ編みにはまりはじめました。

124107092008

ぐるぐる・・・。
もくもく・・・。
ぐるぐる・・・。
もくもく・・・。




こんな風に、原色を使ったモチーフは、なんだか懐かしい感じ。子どもの頃に、こんなカバーや座布団があったなぁって思い出します。

コツコツ編んで、なにか子どもたちの記憶に残るようなものを作ってみたいなぁ。

| | コメント (8)

丘の上の、土曜夜市。

いつもは毎月第4日曜日に開かれる、丘の上の日曜市。
7,8月は昼間は暑くて大変!ということで、夕方5時から8時までの「丘の上の土曜夜市」がありました。先月は参加できなかったので、今月は家族みんなで参加しました。

すっごい雨と雷の中、家を出て。
着いてみたら、雨はあがり、そよそよと風が吹いて気持ちいい夕暮れに。
(ムシムシもしていたけれど、うちにいるより快適~♪)

テントもランタンも持ってきてない、ダメダメ出店者のわたし。momぽっけさんが愛の手を差し伸べてくださって、助かりました~。
(momぽっけさん、ありがとう~!)

同じテントに入れてもらって、パンのこと、子どもの話など、いろんなお話ができて、とーーってもうれしかったです。
momぽっけさんのブログに、土曜夜市の様子がステキに紹介されています。)

準備不足でアワアワしていたハハのかわりに、オキャポが写真を撮ってくれてました。
(いつの間に?!)

173723082008

お店屋さん風景・・・?!

編んだもの、革のものを少しだけ。
気に入ってもらえるとうれしいです。




ぐるぐる・ファミリーが好評で、ひたすらぐるぐると編んでよかった♪とうれしかったです。
大好きなぐるぐる、また編もう。ウヒヒ。

おいしいみかんの生産者、アベッカムさんもいらしてました。子どもたち、みかんジュースの大ファンで、ごっくんごっくん飲んでいました。

080124082008_3

アベッカムさんにいただきました。
みかんの赤ちゃん。
見た目はライム?
でも、香りはちゃんとみかん!
みずみずしい香りです。



この青いみかんをチョンコもオキャポも「おいしー!」とムシのようにチューチュー吸って・・・。

165824082008

このように。
すっぱいすっぱいと騒ぎつつ・・・。
吸い尽くしてました。





ハハ的には、料理に使ってみたかった~。いい酸味がでそうだなと思うんだけど、どうだろう?

日が暮れると、焚き火がはじまりました。

192623082008

竹の筒で、ブォー!と火をおこす。

チョンコ、はまってました。
ずぅっと、ずぅっと、ブォー!
ハハも挑戦しましたが・・・。
チョンコの方が上手。参った!


日が落ちて、暗くなって、あちらこちらにランタンやろうそくの灯りがともり、焚き火を眺めていると、なんだかほっとしました。炎って、怖いこともあるけれど、人間にとって大切なものなんだなぁ。

夏の終わりの土曜夜市。
思っていたよりもいろいろな方にもお会いできて、とってもいい時間を過ごすことができました。みなさんに、ありがとう!です。
次回も参加できるとうれしいなぁ。

----------------------------------------------

松山にあるパンや製菓材料のお店、マルサンパントリー で創業祭があると聞いて、久々に街に出かけました。
といっても、街なんか嫌い!なダンナに連れて行ってもらったので、街ブラなどは一切なし。
現地直行、粉を買ったらすぐ帰宅・・・でした。涙。

でも、ずっと使ってみたかった最強力粉が買えたのでうれしいです。
さっそく、最強力粉を使ってパンを焼いてみました。

130824082008

ミニ食パン。
クルミパン。
レーズンロール。
クリームチーズとレーズン。




こねている最中、いつもよりもちっもちっとしているような気がしたのは、その気になりやすいから?!
焼き上がりを食べてみるとふんわり、よりもムチッ!って感じ。なるほど~、なんとなくいつもと違うような気もする。
家族は特に何の感想もなく、いつものパンと一緒のようでした。
・・・ということは、粉にそんなにこだわらなくていいってこと?ムム?

他にも、何種類か粉を買ったので、好みのものを見つけたいなと思っています。

| | コメント (9)

かわ。

ダンナが突然仕事を休んで、川に連れて行ってくれました。ビックリですが、うれしいことです。でも、そんなんでいいのかい?と心配になったりもします。

行ったところは、山奥の川の上流。
川・・・というより、泉のように水がわいていました。

20080731_001

さすが、人嫌いのダンナ。
今日も貸切。
ちょっと寂しい気もするんだけど?





20080731_005

泳いだり。







20080731_006

虫やカニ、小魚を捕まえたり。








20080731_010

泥んこ遊びなら、任せとけぃ!







20080731_017_2

海よりも、目が行き届くので安心。
二人できゃっきゃと泳いでいます。






木々の緑を見て、冷たい水に足をつけて、深呼吸していると、とってもいい気持ち!
遊んでいる子どもたちを眺めながら、ぼんやりしていたら・・・。
大事件が起こったんです。

20080731_020

ふたりで、石投げ勝負。

遠くに飛ばした方が勝ち!

それー!



20080731_021

負けないぞー!

トリャー!





・・・このあと。オキャポ、おぼれました。
石投げ勝負に負けたくなくて、ずりずり前へ前へと出てしまったオキャポ。
この場所、足元が砂利で滑りやすく、しかもある場所から突然深くなっています。
ふっと見ると、ずずっと砂利がすべり、深みに落ちて、オキャポが目を見開いたまま水に沈んでいくところが見えて、叫んだのか、叫んでいないのか。
もうよく分からないんだけど、気付いたら水に飛び込んでオキャポを岸にひきずりあげて背中をバンバン叩いていました。

すぐに引き上げたから、少し水を飲んだくらいで、オキャポはただただビックリして大泣きしていました。
わたしも、オキャポを抱っこして、一緒に泣いちゃいました。
よかった、見ていて。
よかった、助けられて。
よかった、よかったよー!安心の涙。

後でダンナが「普段はカメのようなスピードのハッコなのに、信じられないようなスピードで川に入っていった。やればできるんやんか。」と言っていたんだけど、わたしは沈んでいくオキャポを見て、足が動かないダンナが信じられないさっ!

オキャポは夜泣きすることもなく、グースカ眠っているけれど、わたしはあの場面が頭をよぎって、夜泣きしちゃいそうです。
(いや、本当に。まだ動揺してる。)

ここのところ、水があるところに行くと、怖い目や危険なことが起こっているので、なんだかとっても怖いです。水難の相がでてたりして?
とにかく、油断大敵、しっかり気をつけなくっちゃ、と、またまた胸に誓いました。

| | コメント (8)

うみ。

こないだの日曜日、昼過ぎから海に行きました。
ここのところ、休みや夜、ソフトボールで出かけっぱなしだったダンナ。この日も早朝から昼までソフトボールに行っていたので、その罪悪感からか?突然海に行くことになり、子どもたちも大喜びでした。

普段は山を見て暮らしているので、海を見るとものすごーく、うれしくなります。子どもたちも、もちろん、オトナも!

20080729_019

ダンナは人ごみがキライ。
なので、人がいない、海に。
我々の他には、カップルが一組。
(わたしたち、ジャマ??)




20080729_017

冷たい海。
波がざぶり。
かにが歩いてる。
全部がうれしい!
全部がたのしい!



20080729_015

サイコー、たのしー!
海に入りっぱなしのオキャポでした。






ダンナはひとり、シュノーケルをつけてあちらこちらを潜っていたので、わたし一人で三人を海で遊ばせていたのですが・・・。
一度、おぼれかけました。わたしが。
レンをでっかい浮き輪にのせて、オキャポの手を引いて足の着かないところで泳いでいたら、レンがつるっと滑って落ちそうになったんです。
焦って、レンを浮き輪にのせたら、自分ががぼっと沈みそうになって、手をつないでいたオキャポもビックリして半泣きになるし、大騒ぎ。
そんなに深いところではなかったので、いったん足の着くところに戻って体勢を整えることができたんだけど、本当に気をつけないと、取り返しのつかない事故になる・・・と、ぞっとした出来事でした。気をつけよう。

20080729_007楽しい海。
いっぱい遊んだね。

夏の間に、また行けるといいね。




-----------------------------------------------

チョンコのリクエストのハムロール(ピザ味の!!)と、オキャポリクエストのあんぱんを焼きました。

175628072008

ハムロール+ピザソース+チーズ。
チョンコもニッコリ。

あんぱんは、あんこ+バター。
くるみをのっけて。
オキャポもニッコリ。


近くにできたパン屋さんで、「塩バターあんぱん」というのが売っていたような記憶があったので、あんこと一緒に有塩バターを包んでみました。コクが出た感じがして、おいしい!

次は、レーズンとクリームチーズのパンを作ろうと思ってます。

-------------------------------------------

廃油キャンドル、いろいろ試した結果、使いやすい形・芯・香りが分かってきた気がします。

21502807200800

右は、芯が麻ひも。
太目の芯だと、大きく燃えます。

左はたこ糸の芯。
小さく静かに燃えます。



瓶の形のキャンドルがすっごく好きなんだけど、やっぱり燃焼性に問題があるように思います。
おわんや、口がひろーいものがいいみたい。
中の蝋は、植物油なので、使い終わったらキレイに洗って再利用できます。

夜、台所で廃油キャンドルの灯りで洗い物していると、なんとなく静かな気持ちで落ち着きます。
ほどよい灯り、ほどよい暗闇、ほどよい静けさ、だから落ち着くのかな?
イベントとしてのキャンドルナイトではなく、できるときにはキャンドルナイトで過ごす夜っていいなと思っています。

| | コメント (12)

由良野の森へ。

こないだの土曜日、由良野の森にでかけてきました。
本当は1泊のキャンプイベントなんだけど、ダンナは仕事だし(いても、キャンプはキライと言うし。)、オチビ三人連れてお外で泊まる自信がなかったので、日帰りで参加させてもらいました。

由良野の森を管理されている鷲野さんは、布ナプの生産者の方でもある、とっても魅力的なひと。
すてきなひとが、どんな森にお住まいなのか、興味シンシンだったので、車で1時間かけて、山道・峠道をがんばって運転して行ってきました。(すんごい怖かった。)

気持ちのいい風が吹く森で、子どもたちはたくさん遊び、ハハはぼんやり・まったり。

藍染ができると聞いていたので、家から使っていなかったストールを2枚、染めさせてもらおうと持って行きました。

134819072008

左が、元・生成りのタイシルク。
右は黄緑のストール。
すっごくステキに生まれ変わりました。
箪笥のコヤシ返上だ!
がんがん使っちゃおう。



こちらでは、「インド藍」を使って染物をしているそう。
インディゴ大好き・ジーパン大好きで、藍染めにも興味があったので、体験できてよかったです。
染める原料を、天然のものから作ることは、とっても大変そうだけど、染める作業中も染めた後も、とても気持ちがよかったです。

もうひとつ、すごく興味があったこと。
鷲野さんは、機織りもしてらっしゃるので、それも見せていただきたかったのです。
今回は、他のイベントなどでお忙しそうで、ゆっくり見せていただくことができなかったので、また機会のある際にお話聞けるといいなって思いました。

13481907200800

工房・天月の様子。
とっても澄んだ空気でした。

現役で働く機織り機。
どんな風に使うのかなぁ?
見てみたいです。


一方、子どもたちの一番の楽しみは、水遊び。
水着を持って行っていたので、お昼ごはんを食べた後、木々に囲まれた川へ遊びに行きました。

140419072008

川、というより、沢?

木のトンネルの中で水遊び。
ちいさなカニがいました。




140619072008

レンも、流れる水をちゃぷちゃぷ。
すっごく冷たくって、気持ちがよかった!
(ずっと水に入ってると、冷える~!)





とっても気持ちのいい「由良野の森」で、いい時間を過ごすことができてよかったです。
できれば夏の間に、また訪れることができるといいなと思っています。

-------------------------------------

暑さで食欲が落ちそうなので、ちょこちょこつまみやすくて甘い、モンキーブレッドを焼いています。

212819072008

クグロフ型がない。
・・・ので、シフォン型で。

小さい丸パンがたくさん!
つまんで、パク!



203818072008

こっちは、プチ・モンキーブレッド。
小分けにした方が、食べよさそう。






この季節は発酵がよく進むので、パン焼きにはもってこい!
・・・なんだけど、あまりにも暑くって、こねる気力が・・・減退してます。
そろそろクーラーつけちゃおうかな、いや、まだ扇風機で大丈夫?と、迷う日々です。
ふぅー。今日も暑いっ!!

| | コメント (8)