チョンコの「花さき山」

昨日は、「オキャポ、赤ちゃん返りの日」だったのか、やたらとオキャポが「おか~ちゃ~ん」とくっつきまわっていました。レンを抱いて、オキャポを抱いて・・・。レンをかまって、オキャポをかまって・・・とふと気付くと、ひとり、ソファでクッションを抱きかかえて、こっちをじぃっと見ているチョンコの姿・・・。

「しまった!」と思い、「チョンちゃん、おいで!」と呼ぶと、ふわ~っと笑ってこっちに来ました。そして抱っこすると、ほぉっとため息をついていました。
が、横で、オキャポが「おがーじゃんがいいー!だっこじでー!」と泣き始めると、ぱっと離れて、「いいよ、かわってあげるけん!」と言って、またソファに戻り、クッションを抱きかかえてました。

そんなチョンコの姿を見ていて、思い出したのが「花さき山」という絵本。わたしがちいさい頃、親に読んでもらっていた絵本です。
(こちらに本の説明など、あります。http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=604

寝る前に、チョンコとオキャポに読み聞かせをしました。

102130082007

山に山菜をとりにはいり、道に迷った「あや」という少女。見たこともない花畑が広がる光景に驚く「あや」に、山姥が語る「花さき山」のものがたり。

225029082007 山姥は、「あや」のことをなんでも知っています。昨日、妹のために辛抱したこと。その「あや」の辛抱で、花さき山にひとつ、花が咲いたこと。やさしいことをひとつすれば、ひとつ、花が咲く。花さき山の花は、みんなこうして咲いている・・・そんなお話です。
(なんか、本のよさが全然説明しきれてなくてイヤになっちゃうんだけど。読んだことなくて、興味のある方、ぜひ読んでみてください!)

花さき山を読んだあと、チョンコが言いました。
「チョンコの花も、咲いた?」
うん。咲いたよ。これまでもたくさん辛抱してくれたチョンコだもん。チョンコの花、花さき山にいっぱい咲いているよ。

せつない思いをさせてごめんね、と、胸の痛い夜でした。

| | コメント (12)

それいけ!あかちゃんまん

ここのところ、レンが「たて抱っこ期」に突入したようで、いつもたて抱っこで過ごしています。ついこないだまでごろーんと転がしておいてもそれなりに遊んでいたのがウソのよう。たて抱っこで家の中を歩いていないと、ンゲー(泣)、です。まだ6キロない小粒ちゃんとはいえ、肩が凝ってきました・・・。ほんと、モノもいわない赤ちゃんですが、自己主張はしっかりできるもんです。赤ちゃんは強い・・・。

昨夜、初めてレンに絵本を読んでみました。チョンコもオキャポも一緒に選んだ本は「あかちゃんまん」。みんな暗記するほど、繰り返し読んでいる絵本です。

「こざるがおおきなごりらにおいかけられています。きゃー!たすけてー」で始まるこの絵本。チョンコもオキャポもお気に入り。レンも、手足をパタパタさせながら(よだれもたらしながら)、じっと絵を見ていました。

「あかちゃんまん」を読んだあと、「あかちゃんまんごっこ」が始まりました。もちろん、レンがあかちゃんまん。チョンコとオキャポは「おおきなごりら」です。レンが意味なくパタパタ動かしている手や足にあたって、「ウギャー!やられたー!」と叫んでゴロゴロゴロ~と転がる遊びです。いかにじょうずに「やられる」かが、この遊びのポイントのようで、チョンコとオキャポ、競い合ってやられていました。ハハ的にはよくわからないけれど、とっても楽しそうでした。

095211072007 ←そんな我が家のあかちゃんまん。手をじっと見つめたり、左右の手を合わせてもぞもぞ遊んでいます。たて抱っこでないと泣いちゃうのはつらいけど、これも今だけ。いっぱい抱っこしちゃおうと思ってます。(が、肩こりがつらーい!)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今週の絵本は・・・

チョンコの幼稚園では、毎週金曜日のおかえりのときに絵本を借りられるようになりました。土日のお休みの間に家で読んで月曜に返却するのです。

一ヶ月くらい前にはじまったところなのですが、とても好評です。普段は私の好みで絵本を買ったりしているのですが、このときばかりはチョンコの好きな本を選べるのでとてもうれしそう。幼稚園で読んでもらった絵本を選ぶこともあり、先生に読んでもらった感想なども聞かせてくれたりもします。

221824022007今週はこれ。「いじわるねことねずみくん」という絵本。チョンコらしくない選択だなーと思っていたら、今週幼稚園に来ている教育実習の先生と一緒に読んだらしい。おもしろそうなので、一緒に読むのが楽しみです。(疲れてたり、めんどくさーと思っちゃうときもあるんだけど)

昨日も今日も、絵本を読む間もなくチョンコはバッタリ倒れて眠ってしまいました。明日は一緒に読もうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)