ちびっこゲームの日。

友人たちが企画した、ドイツボードゲーム教室のチビッコ・バージョンに参加しました。
レンはまだできないけれど、チビッコ用にどんなゲームがあるのか、そして、自分もゲームしてみたいな、ってワクワクの気持ちで行きました。
場所は、いつものナチュラルキッチン・もりもりさんです。

参加者は4組の母子。3歳さんが3人。1歳さんはレンだけ。
ちっちゃい子が集まると、ケンカもするし、泣いたり笑ったり、みんな大忙しでがんばってました。

まずは我が家でも人気の「ドライマギア社ボードゲーム ガイスタートレッペ 」から。
子どもたちが・・・というより、おかあさんたちでキャーキャー盛り上がりました。わたしも、家で子どもたちとするのとは違うスリルを味わっちゃいました。

次は、「ハバ社 キャッチ・ミー 」というゲーム。

Image423

ネコの人に捕まらないように!
自分の色のネズミをひっぱります。
逃げたら、セーフ!
捕まったら、ネコさんと交代!
シンプルだけど、熱くなります。



レンはサイコロ係でゴキゲン。
レンはまだ色がよく分かっていないけれど、色がちゃんと理解できるお年頃になったら盛り上がりそうだなぁ。反射神経も鍛えられそう?!

次にした「うさぎのニーノ|セレクタ社(ドイツ) 」、うちの子たち、喜びそうだな~って思いました。
とにかく、すっごく!かわいい!!

Image426

穴の中のウサギちゃんたち。
みんなで助けてあげようね。

シンプルなサイコロ・ゲーム。
進む単位はひとつずつ。
ウサギマークは、ジャンプでゲット!
たくさんウサギを助けた人の勝ち!

Image427

このかわいいウサギたち!







順番や色を覚えるきっかけにもなるかも・・・って思いました。
レンがもう少し大きくなったら、ゆっくり一緒にしたいな。チョンコも好きだろうなぁ。(ムキになりそう!)
そのうち、揃えたいゲームです。

そして、子どもたちも燃えたゲーム!「クラウン|ラベンスバーガー社(ドイツ) 」です。
靴から順番に、サイコロで出たカードを並べてピエロを作ります。

Image429

大きいカードや小さいカード。
サイコロの出目で決まります。
熱いカードの取り合いもしながら・・・。
みんな、一生懸命なんだよね。




Image430

完成!
足が長かったり。
頭がちっちゃかったり。
おもしろいピエロができました。
うちのは、短足ピエロ。笑。



年齢や性格に応じて、ルールを作りながらできるのがよかったです。
もりもり・みえさんもオススメのこのゲーム。うちでも子どもたちとやってみたいなぁと思っていたら・・・友人がおもちゃ屋さんに出かけると言っていたので、買ってきてもらうことにしちゃいました。

途中、カードの取り合いで悔しい涙もあったけれど、それだけゲームに集中できるようになるのも成長のひとつ。
悔しい気持ちを我慢するのって、すっごく難しいもんね。でも、こういう経験も大切だよね、って思いました。

いっぱい遊んだ後は、もりもりさんのおいしいごはん!

Image433

レンも大好き!
もりもりさんの玄米ごはん。
今日はミネストローネごはん。
お野菜たっぷり、やさしい味です。




Image434

レンのおでこがジャマだけど。

大豆ナゲット。
里芋のグラタン。

どちらも熱々でおいしい~。


Image436

デザートも!

レモン・シフォン+生クリーム。
熱い紅茶。
大満足です。



お迎えの時間も迫っていたので、デザートを食べながら大人で「フロレンティン」というゲームをしました。通称「宝石ゲーム」と言っていて、大人も子どももはまっちゃうゲームです。

ルールはシンプルで、自分の色のじゅうたんに、たくさん宝石を並べることができたらいいんだけど・・・。なかなか思うようには行かなくて、うーんうーんと考えるのが楽しいです。

Image437

このゲーム。
すごくおもしろい!
もっともっとしたかったなー。





レンは基本的にサイコロをふるばかりだったけれど(汗)、ハハはかなり楽しんじゃいました。
どのゲームも、2歳すぎくらいから楽しめそうで、でも、小学生も一緒にできる感じ。うちでも、最初は簡単なルールにして、年齢に応じてルールを付け加えていくといいんだな~と教えてもらってよかったな。

Ehon

おまけ。

この日、大人気だった絵本。
佐々木マキさんの「おなかがすいた
レンもお気に入りでした。
動物たちが食べるシーンで、みんな大爆笑!楽しかったね。


家に帰ってから、携帯の写真をパソコンに送っていたら、オキャポに見つかって。「これ!なに~?」と聞くので、「もりもりさんで、ゲームしてきたんよー。」と白状すると、「ずるい!オレも行きたいのに!」とぷんぷん怒ってました。
ごめん、ごめん。今度、一緒にゲームしに行こうね!
オキャポには怒られたんだけど、なんだかちょっとうれしいハハでした。ニコ!

| | コメント (4)

ゲームにはまってます。

昨年末、ダンナがWiiを買ってきてからというもの、子どもたちの頭の中は、Wiiのことでいっぱい!
「○○したら、Wiiさせてくれる?」「お手伝いしたから、Wiiさせて!」と、何かをする動機にWiiが絡んでくるようになりました。
それはそれで仕方ないか・・・とも思うんだけど、そればっかりっていうのもちょっとなぁ・・・と、友人に相談すると、「カードゲームやボードゲームをみんなでしたら?」と勧められました。
なるほどー。今まで、まだちっちゃいから、と思って、あまりしていないけれど、今ならできるかも!と、まずは「ババ抜き」からはじめてみました。
これがすっごく盛り上がりました。

「こういうゲームも、できるんやー!」とうれしくなったので、友人オススメの初歩のカードゲームを購入。Amigo 虹色のへび というヤツです。

このカードゲームは、運がよければ勝てるものなので、大人も子どもも一緒になって遊べています。毎日一度は「にじいろのへび、したい~!」と言うようになりました。

Image406

今日も。
色を見て、つなげて。
ながーいへびができるかな?

今日はオキャポの勝ち!でした。




もうひとつ、我が家で大流行のゲームがあります。Drei Magier オバケだぞー というゲーム。(ガイスタートレッペ、とも)
にじいろのへびを購入するときに、オキャポが見つけて、どーしてもほしい~!と熱望したゲームです。

「どうなのよ?」って思っていたんだけど、このゲーム、すっごくおもしろいです。
あとで「ドイツ子どもゲーム大賞」に選ばれたゲームだと知って、納得!
単純なすごろくがベースなんだけど、途中でどのコマが自分のだか分からなくなる仕掛けがあったりして、オトナも一緒に楽しんでいます。

Image408

どのおばけが一番かな?

ここでも、オキャポが一番でした。
やったね!




------------------------------------

先週末、このゲーム熱の勢いにのって、ナチュラルキッチン・もりもりさんで定期的に行われている「ドイツゲーム教室」に見学に行ってきました。

家でゲームをしていると、負けそうになったら泣きわめいたり、負けると泣き叫んだり・・・というチョンコとオキャポ。ルール無視でとにかく勝とうとしたり。(どちらかというと、チョンコの方がそういう傾向が強いです。)
ハハや兄弟とだけじゃなく、知らない人やお友だちともゲームしてみたらどうかな~という気持ちと、まだそういうのはムリかな~という気持ちと、半分半分。
とにかく、行ってみました。

Image398

まずは、お友だちと一緒に。
友人がゲームを教えてくれるので安心。
家でするより、真剣な表情です。





どうなることかと心配していたけれど、知っているお友だちもいっぱいいたので、場に慣れるのも早かったように思います。知らないお友だちとも、ゲームを通しておしゃべりできてよかったね。

Image401

レンもいい子に遊んでました。
画像悪いけど・・・。
この立体4目並べ、おもしろかったー!
オセロ好きのダンナと勝負したいな。




Image402_2

「くっちゃん」というお兄さんが先生。
いろんなゲームやルールを子どもたちに教えつつ、一緒にゲームを楽しんでる姿がステキでした。
親が言うより、ちゃんと聞いてました。
なぜ・・・。


おやつに、塩おむすびとココアワッフルをしっかりいただいて、ゲームしておしゃべりして、とっても楽しい時間になりました。
おやつにおむすび、みんな大喜びだったのが意外。うちの子たちも、でっかいおむすびを2個も3個も食べていてビックリです。
みんなで食べるからおいしいのかな~?

勝ったり負けたり。
勝って大喜びしたり、悔しい気持ちで涙がでたり。
ルールを知ったり、いろんな人と話をしたり。
うん。家でするゲームも楽しいけれど、こういう場にでてみるのもいいなって思いました。

そうはいっても、我が家の子どもたち、やっぱりWiiも大好きだし、ピコピコしてるおもちゃも好きだし、ばーちゃんに100円もらってお店でゲームもしています。
でも、そこにプラスでカードゲーム・ボードゲームを楽しめるようになってよかったな。
まっ、とにかく単純に「やってみたら、ボードゲームっておもしろいやーん!」って、思えたことがうれしい!
これからも、「親子でゲーム時間」を続けていけるといいな。

| | コメント (8)