« おいしいパンが焼きたいのは・・・ | トップページ | ご心配をおかけしました。 »

ごめんなさい。

せっかくコメントいただいているのに、お返事できてなくてごめんなさい。

実家の父が、少し前から入院しています。
入院することでどんどんよくなると聞いていたので安心していたんだけど、そう簡単ではなかったようで。
昨日から調子が崩れていて、子どもたちにも会いたいと言っていたので、日帰りでお見舞いに行ってました。

本当は、しばらく実家に戻って、病院に通いたいと思ったんだけど、多分すぐに危険な状態になることもないとのことと、父と母に「子どもたちの日常生活を一番に考えてほしい。」と言われて、家に帰ってきました。

そんなこんなでバタバタしていて、気持ちも落ち着かないので、まだ少しお返事遅くなりそうです。
気持ちがゆっくりできたら、ゆっくりお返事させてくださいね。


父親が倒れて、とても弱くなっている姿を見るのは、胸が苦しくなりました。
人生の中での大きな大きな悲しみを想像して、喉がつまってしまいます。
ダンナは「当然の流れで、しあわせなこと」と言ってくれて、そうだって思うんだけど、でもやっぱりまだ生きて、と願ってしまう。
さみしがりの母のためにも、まだまだ生きていてほしい。

めずらしい病気(10万人に2,3人だとか)だけど、生死に関わることは少ないと聞いているので、ここからキセキのように生きる力がわいてきますように。

|

« おいしいパンが焼きたいのは・・・ | トップページ | ご心配をおかけしました。 »

コメント

marippeさん♪

メッセージ、ありがとうございます。

そうなんですよね。近くだったらいいのに!って思うんだけど、近くだったら毎日毎日のことなので大変だろうなって思います。
看護することって、こんなにパワーを使うんだ・・・と、はじめての体験でビックリしています。
marippeさんのおっしゃるように、「長い目で見て、無理のないペースで」が、とっても大切だなって思いました。

母も精神的にまいっているし(もともと、うつっぽい症状でお薬も飲んでいたし)、弟も県内だけど離れているので・・・かなり心配はつきません。
今日も、6,7回、母から電話があったりして、かなり不安でたまらないんだろうと胸が痛いです。

月曜にはチョンコの卒園式があり、いろいろと行事も多くって、子どもたちのために戻って!といわれて、家に帰ってはきたんだけど、やっぱり気になってしまうんですよね。

でも、わたしが眉間にしわを寄せてても、父が元気になるわけじゃないので、なるべくわたしは笑顔ですごせたらいいなと思ってます。(でも、笑ってていいのかな・・・とも、考えちゃうのですがsad

長くなっちゃいました。
とにかく、励ましをありがとうございました。
長い目で、ゆっくり考えていこうと思ってます。

投稿: ハッコ | 2009/03/21 21:46

おかんさん。

メッセージ、ありがとうございます。

なんだかんだと文句言い合うことも多い親子なのですが、やっぱり、親なので、とても胸が痛みます。
わたしは遠くに嫁いでいるし、弟も県内とはいえ離れているので・・・母も心細いようで、さらに心配です。

今は体は落ち着いているのですが、こういう病気になってしまった・・・というショックが激しいようです。
父の気持ちが落ち着くように、わたしも、子どもたちも、気持ちを送り続けたいなぁって思っています。

長い目で見て、いろんな人に力を貸してもらいながら、父の回復を待ちたいと思ってます。

おかんさん、励ましをありがとうございました。
とっても力になりました。

投稿: ハッコ | 2009/03/21 21:38

もぐさん。

ありがとう。
日曜は、日帰りだったんだけど、水曜からまたみんなで実家に戻ってました。
火曜から水曜、一時かなり危険だったんだけど、今は体はどんどん治っています。

よかったら、また話聞いてね。
もうすぐ終業式だね~。あっという間だぁ。

投稿: ハッコ | 2009/03/21 21:32

一緒に役員活動してる会長さんが、ご自身のお父さんの介護に通ってらっしゃいます。
遠くにいると、なかなかいけないもんですが、通える距離だと、当てにされて大変といってる気持ちもよく分かります。
出来るだけ、親の近くに暮らせたら、もう少し役に立てるのに~って思いつつ・・・
ハッコさんのやさしい気持ちは、きっとご両親にも伝わってるし、週末に、子ども達の元気な姿を見せてあげることが、親孝行かもしれないですもんね!
長い目で見て、無理のないペースで、お父様の看病が出来ると一番いいですよね!
ハッコさん、元気の出ないときもあると思うけど、そんなときは、その気持ちに素直になってみるのもいいと思います。
きっと、ご主人も、お子さんも、ハッコさんのこと、分かってくれてるし、そんなママの感情を通して、子ども達も成長していくはずです。
遠くからですが、一日も早く笑顔で過ごせるよう、そして、お父様のお加減がよくなるよう、お祈りしてますね!

投稿: marippe | 2009/03/16 16:32

ハッコさんおとうさまの様子はいかがですか?
最愛のお父様の入院。
読んでいる私も喉がつまる思いです。
 
こんな時に、力になれる言葉をかける事ができる人間だったらいいのですが、なんてコメントしたら力になれるだろう・・・・と指が止まっています。
 
私がnagiの病気がわかり、その病気とどう闘っていけばいいかもわからず、メソメソしていた時、力になったのはまわりのみんなの言葉でした。
何気ない言葉でも自分の事を思って応援してくれる人がいる!この事はとても力になりました。
 
こんなときは家事も育児も一休みしてお父さんの所に行きたいですよね 
ブログのコメントの返事まで気にしてくださる優しいハッコさん。
今は一休みしてゆっくりお父さんの力になってあげてください。
ハッコさんの存在がおとうさんの力になりますよ!! 
 
おとうさんのご回復心から祈っています。

投稿: おかん | 2009/03/16 16:30

こんにちは・・・
日帰りでも、お顔を見に帰れてよかったですね。

投稿: もぐ | 2009/03/16 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいしいパンが焼きたいのは・・・ | トップページ | ご心配をおかけしました。 »