« ちいさなノートと、渋皮煮 | トップページ | お祭り男と、栗おんな。 »

続・渋皮煮 &ハンドニット帽いろいろ

渋抜きしたのに渋くて残念!だった渋皮煮。
ちょうどスーパーに買出しに行ったので、ついでに重曹と栗(中山産)を買ってきました。
500グラムで298円。重曹(タンサン)は小箱で80円くらい。
今回は、重曹を入れて渋皮煮に挑戦です。

Kuri2

大きな栗なので、10粒だけ。
鬼皮むくのも、ラク。
でも、あっという間になくなりそう・・・。





鬼皮がむきやすくなるということなので、皮のまま一度ぐらっと煮ています。
ちょっと冷めた頃に栗のおしりの方からむいていきます。ぐいーっと。
ある程度むけたら、栗、水、重曹を小さじ1杯ほど入れてぐつぐつ。

前回とは全く違う、濃い茶色の煮汁。
これって、渋なの?重曹パワーでこんなに茶色くなってるの?
ウヒャー。

20分ほど煮込んでたら、「地獄の釜ってこんなの?」ってような色でグラグラぐつぐつ。
恐ろしくなって、水で洗うとヌルヌルと残っていた渋皮が取れていって、またビックリ。
重曹って、すごいんだなぁ。

Image045

今回は、全く渋くない。
でも、なぜか物足りない?






前に作った渋皮煮、1日置いておくと渋が気にならなくなって、でも少し渋を感じるような、いい感じになってました。
今回作った分は、もしかしたら渋を取りすぎちゃったのかなぁ?
「少しの渋は味のうち」の、少しの渋も取っちゃったのかも。

「お味見」したり、オキャポとレンが食べたりで、今回のもあっという間になくなっちゃいそうです。(前のはあと一粒。)
最初は喜んで食べていたチョンコだけれど、「おかーちゃん、チョンコは甘くない、ただの栗が好き!」って言いはじめました。

次に栗を買ったら、ただただゆがいてあげるからね~。
栗の季節も短いよ、今のうちにいっぱい楽しもうね。

---------------------------------------

寒くなってきたので、かぎ針でニット帽を編んでいます。
帽子は短期間で仕上がるので、家事育児の合間にも作りやすいです。

Nittobou4

今、よっつ。

うしろのは、冬リネンという糸。
手前白はウール。
左はウールとコットンで。



他に、ネックウォーマー兼帽子が編みかけです。
そうだ!ケープもほしいな。
ほんとの北風が吹く前に、いっぱいあったかグッズを作っておきたいな。

|

« ちいさなノートと、渋皮煮 | トップページ | お祭り男と、栗おんな。 »

コメント

あきえもんさん♪

おぉー!ちゃんと持っていたんですね。すごいshine

かなり基本的なところから、わかりやすく書いてあるのでいいですよ。
いろんな編み方があるけれど、わたしは基本的な編み方がシンプルで好きだったりします。

わたし、かぎ針の本や毛糸を買ってから、2年も放置してあったんですよ~。
してみたかったけど、そんな時間がなかったり、そんな気分になれなかったり。
あきえもんさんも、ぼちぼち楽しんでくださいねscissors

投稿: ハッコ | 2008/10/16 12:13

ハッコさん、アドバイスありがとうございます!!
実は『かぎ針編みっておもしろい』持ってるんですcoldsweats01
前に買っておいたんですよgood
初心者のあたしにはぴったりの本だったんですね!!よかったぁ~dash
さっそく頑張ってみますhappy01

投稿: あきえもん | 2008/10/14 20:56

eriさん♪

帽子モードで編み編みしていたら、「次はこんな形!」とか「次はこの糸!」っていろいろやってみたくなって、止まらなくなるんですよね。
もっともっと編んで、「冬の帽子屋さん」とかしてみたいです。
よし!編むわ!!!

栗、うちでは栗ご飯とか嫌がられる(悲)ので、もっぱらスイーツな扱いです。
おやつに栗の湯がいたの・・・とかだったんだけど、今年は渋皮煮三昧。
甘い甘い渋皮煮が冷蔵庫に入っていると、なんとなくうれしいです。今日は、渋皮煮でパウンドケーキも作って、ニヤニヤ。
あぁ・・・。太るのに・・・。ガクリ。

投稿: ハッコ | 2008/10/10 20:55

あきえもんさん♪

こちらこそ、お久しぶりしちゃってます~happy01
健ちゃん、元気かな?あとで健ちゃんのスマイルを見に伺います♪

決して、お料理は上手じゃないんです。
渋皮煮って、時間はかかるけど、難しいことはしていないし。
単純作業なんですよ~。

「甘栗むいちゃいました」、おいしいですよね。
CM見るたびに食べたくなるんだけど、スーパー行くと買うの忘れちゃう。汗。

帽子も、シンプルな編み方だったら単純にぐるぐる編むだけだから簡単ですよ。
凝った模様を入れたりすると、少し手間はかかるかもしれないけど、でもモノが小さいから出来上がりも早くていいです。
今は編み物の季節だけあって、たくさん編み編み本が出ていますよね。帽子の本もあったけど、今ほしいな~って思っている本は「冬空にあうニット小物」という本。
でも、まず編み物を始めようかな~っていう方には下田直子さんの「かぎ針編みっておもしろい」や「棒針編みだっておもしろい」が分かりやすいと思います。
わたしも最初は下田さんの本でした。図書館や本屋さんで見つけたら、ちょろっとのぞいてみてくださいscissors

投稿: ハッコ | 2008/10/10 20:51

くるたん家族さん♪

わぁ!ビックリ。なぜチョンコの心がわかっちゃうのでしょう~。
わたしも作りながら、「チョンコは素材そのまま派だからな~。手間かけても喜ばないだろうな~。」って思いつつ、最初は食べてくれてうれしかったんだけど・・・。
ついに本音を激白のチョンコに、やっぱりなぁ、でしたcoldsweats01
昨日また栗をいただいたので、チョンコ用にちゃんとただただ湯がいてやりました。
湯がいただけなのに、大喜びでした。

帽子、編み出したら止まらなくなってしまいました。
昨日肩こりがひどかったのは、そのせいもあるのかも・・・。汗。
今は、棒針で子どもと自分の肩掛けを作ってます。
その次は、マフラー!楽しみです♪

投稿: ハッコ | 2008/10/10 20:40

もぐさん♪

わははー!なんかとっても、もぐさんらしい~happy01
そして、もぐさんのそういうところ、すごく好きlovely

なんでこんなに渋皮煮ばっかりしてるかって、ダンナも子どもたちも「栗ごはん」があまり好きじゃないから、っていうのもあって。
炊き込みご飯も「えぇ~despair」とか言うし。悲。
ごはんは白!トイレットペーパーも白!がいいらしい。

わたしはね、栗の皮とかひたすらむくの、好きみたい~。
ほんと、昨日肩こり頭痛がひどかったけど、栗の顔を見たら元気でたもん。ほんとよ!
多分、性格がジミだからだと思う。えへへ。

投稿: ハッコ | 2008/10/10 20:36

おかんさん♪

おかんさんのおうちでも、地獄の釜がグツグツなんですね。
ウヒヒ・・・。(恐)
重曹ってすごい働きをするんですねぇ。ビックリでした。
おいしい渋皮煮になりましたか?あとで見にいこ♪

鬼皮、おしりからむく方が、くりーんと一気にむけました。
わたしも第1回目の渋皮煮のときは、頭からむいて、あの栗の切り替えしの部分(わかります?点々みたいなおしりのとこ)で皮が切れちゃってイライラ。
おしりからむくと、気持ちよくてっぺんまでむけますが、最初に傷をつけないように気をつけないと・・・です。

昨日、第三回目の渋皮煮を作って、ようやく今日、渋皮パウンド作りましたよ~。わーい!

投稿: ハッコ | 2008/10/10 20:32

momぽっけさん♪

ジュッキロー!!衝撃的。
それは、もう、すごい量ですね。ドキドキ。
昨日、近所の方に1.7キロいただいたのですが、その皮をむくのにヒーヒーでした。
残りの9キロの行方はいかに・・・?!

重曹を使うと、あっという間に渋が抜けて、うれしいやらビックリやら。わたしは重曹2回+水で数回煮ています。
ほろっと崩れるまで煮るか、ちょっと歯ごたえを残すか、いつも迷うんです。どっちがいいんだろう?って、好みの問題かな~。

束子で渋皮を取るんだー!なるほど。
わたし、指でこすって取っているので、最後の方には手がしわしわにふやけてしまってました。笑。
4度目の挑戦のときには、束子作戦、やってみまーす。
(まだやるんかいっ、と家族からつっこまれそう・・・)

投稿: ハッコ | 2008/10/10 20:27

あったかグッズたくさんほしいですね~!
そしてこの帽子!かわいい~~♪
そうそう、今から作っておかないと冬に間に合わなく
なっちゃったりするもんねhappy01
(私はいつもそのパターンcoldsweats01
ハッコさん、すごい!
いつも作り出したらすごいペース!

そっか、栗ってこういう料理のほうほうもあるんだ!
この時期ちょこちょこ手に入る栗・・
今度挑戦してみたいです!

投稿: eri | 2008/10/10 11:33

ハッコさん、お久しぶりです。
いつ見ても、ハッコさんはお料理&手芸がお上手ですねー
栗なんて、家で調理したことないですよ・・・
あたしは専ら「甘栗むいちゃいました」ですcoldsweats01

ニット帽ステキですheart01
なんでそんなにスイスイ作れちゃうんですか??
あたし、編もうと思っても編み図とかよく分かんなくて途中で挫折しちゃうんです・・・
何かおすすめの本とかありますか?

投稿: あきえもん | 2008/10/09 23:13

ハッコさん
もしかして、チョンコちゃんは、こんな風↓に言うかも…、なんて読みながら思っていたので、ビックリしました。

「おかーちゃん、チョンコは甘くない、ただの栗が好き!」

これからの季節寒くなるので、帽子は欠かせませんね。
それにしても可愛い!!
最近は寒くないのに首にマフラーのような物をまいている若い子が多いですけど、暑くないのでしょうか。今度は可愛いマフラーを編んであげてくださ〜い^^

投稿: くるたん家族 | 2008/10/09 16:07

ハッコさん、スゴイものに挑戦してますね。eye
作ろうとも、思った事がありません。sweat02

ていうか、きっと栗・・・たまらなく好きではない気がします。
お寿司や、栗ごはんなんかに入れる栗剥くのも、
「めんどくさ!!」って、思うくらいで、
「栗?そんなん入れんでも、おいしいやん」
な、考えです。
湯がいたのを、子供達が食べるのもポロポロこぼして、
いやだし、
「んーーーもぉー!!」です。smile

投稿: もぐ | 2008/10/07 22:20

私も今、ぐつぐつしているところです。
ムフフ。
まさしく、今地獄の釜を見てきたところですよ~
重曹ってすごいですね!!

鬼皮おしりから剥くといいんですね~
私は頭?とがったほうから剥いたので、ほぼ半分は失敗・・・。
栗ご飯用になりましたcoldsweats01

渋皮煮のロールケーキになる前に栗がなくなっちゃいますね♪

投稿: おかん | 2008/10/07 14:14

栗の渋皮煮、リベンジしたんですね!
私もハッコさんのブログ(1回目の渋皮煮)を見て、人生初!の
渋皮煮に挑戦しました。

主人が仕事の現場で頂いたという栗。
ざっと10キロ近くありそう・・・困っていたので丁度良かったです*
と、言っても渋皮煮はカワハギが大変!!
なので1キロ作る事に。

重曹、イイ仕事してくれますよね~
かなりアクが出てきます。 私はネットで見た作り方でしました。
3度繰り返しましたよ・・・
それによると、渋を抜くには1回目の茹で(重曹入)のあと
冷水に入れ、水につけたまま束子で残った皮を取るとか。

乾燥、注意のポイントも書いてありました。

投稿: momぽっけ | 2008/10/07 07:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちいさなノートと、渋皮煮 | トップページ | お祭り男と、栗おんな。 »