« わたしの日傘、ダンナのハンチング。 | トップページ | 続・渋皮煮 &ハンドニット帽いろいろ »

ちいさなノートと、渋皮煮

チョンコが大事なことをたくさん書いている、という「ヒミツノート」を見せてくれました。
なんだかかわいかったので、パチリ!

Image033

むぎちゃんは
おこったら
とびついてくる





Image034

次のページ。

ムギちゃんらしき、絵。





Image032

最新のページ。

くまのとき よる こっそり 
おかあちゃんとぶどうをたべた




オキャポもレンも寝ていたので、チョンコとふたり「みんなにナイショ!」ってぶどうを食べたこと、よっぽどうれしかったみたい。前のページには、ぶどうの絵も描いてありました。

また、夜9時のヒミツのおやつ、しちゃおうね!

----------------------------------

ご近所さんから、立派な栗をいただきました。

Kuri_2ごろごろ~。







ちょうど、渋皮煮を作ってみたいなぁと思っていたところなので、うれしい!
さっそく昨夜9時過ぎから渋皮煮を作りはじめました。

って、はりきって鬼皮むいて、下茹でしようと思ったら、「重曹」がない。
どの作り方を見ても「重曹、大事!」って言ってるけど、朝、買いに行ってから~なんて待てない。ので、重曹抜きで、工程を進めていきました。

深夜1時半までがんばって、水をかえながら渋を抜こうと煮込んでたんだけど、もう眠くてひとまず中断。
今朝早く起きて、砂糖とちょびっとの塩とお醤油でシロップを作って、味をしみこませてます。

Sibukawa

見た目は、渋皮煮になってる。

肝心の、お味は??





子どもたちと一緒に、お味見!お味見!!

Sibukawani

ころりん、としててかわいい。

ぱくっ。





子どもたち「おいしー!!
ハハ「・・・しぶっ・・・。しぶっ!!!

あんなに煮込んだのに、一晩放置もしたのに、なぜかちゃんと渋がぬけていなくてガッカリ。
多少の渋は味のうち!って思うんだけど、ちょっと渋が強いような気が・・・。

でも、子どもたちはウハウハ言って食べているので、セーフなラインなの・・・かな?
(勇気のある方、ぜひお味見を~。「しぶっ!!」って、笑えるヒト限定で・・・。汗。)

近いうち、栗と重曹買ってきて、再挑戦してみたいなと思います。
ついでに生クリームも買って、渋皮煮ロールケーキも作りたい~。
おかんさんのところで見た、かぼちゃプリンも作りたいし。

うーん、天高く、ハハ肥ゆる秋になりそう。
ウヒャー。

|

« わたしの日傘、ダンナのハンチング。 | トップページ | 続・渋皮煮 &ハンドニット帽いろいろ »

コメント

ゆさん♪

タルトのイメージとは全く違うものですよね。
最近雑貨屋さんなどで「タルトくん」キャラクターが売られていて、これも地域限定なのかな?と考えてます。
タルトの断面が顔なんです。見たことありますか?

ゆさんのおうちでも、渋皮煮よりそのまんまの栗がいい声がでたんですね。
時間をかけて作るのもいいけれど、子どもの素直な舌には、素材そのまんまがいいのかな?
うちでも湯がいただけの栗が大人気でした。

わたしもよくうっかり忘れてしまうので、必ずタイマーをセットして、煮物してます。えへへ・・・。

投稿: ハッコ | 2008/10/11 08:24

そう、タルトなのにロールケーキのような。
栗なしのタルトもあるのですね。
柚子の味もしましたよ。
あっという間になくなっちゃいましたが、
もっと栗がゴロゴロはいっていてもいいなと思いました。

渋皮煮は、本物の渋皮煮の味がイマイチ分からないので、
重曹なしでも渋さは気にならなかったのですが、
甘さが足りないのかな?
うちでもそのまんまの栗がいいという声が聞こえましたよ。
しかも1回目は、砂糖を入れてからすっかり忘れていて
キャラメルソースができてるし。
わたし、手の込んだものには向いてないみたいです。

投稿: ゆ | 2008/10/10 23:12

ゆさん♪

栗たると、いかがでしたか?
実はわたし、その栗タルトというもの、食べたことがないんです。
ハタダ?かどこかのお菓子屋さんのCMでちょくちょく見るんだけど。
普通のタルトは食べたことがあって、「タルト」という名前なのに、和風なぐるぐるロール(柚子っぽい味?)でビックリしたのを覚えています。

今度、わたしも見つけたら食べてみよう!
遠く岩手のゆさんの方が、先に愛媛の栗タルトを食べてるなんて、なんだかおかしいですね。ふふふ。

渋皮煮、どうでしたか?
わたしは昨日、3度目の渋皮煮に挑戦しました。
今日はついにケーキも作りましたよ。わーい。

投稿: ハッコ | 2008/10/10 20:21

明日、栗が届く予定なんです。
やってみようかな?

週末に、スーパーで、駅弁特集コーナーがあって、その中に愛媛の「栗タルト」というお菓子がありました。
買おうか迷ったんですが、子どもたちにも背中を押されて、買っちゃいました。

投稿: ゆ | 2008/10/07 14:05

おかんさん♪

ひみつノート、ほとんどが意味不明な絵ばかり。
でも、ぶどうの絵とムギの絵はわかりました。
すっごくちいさなノートで(5センチ角くらい)、よくこんなのに書けるなーってビックリです。

ちいさいけれど、特別な出来事、時々計画してやりたいなって思いました。

渋皮煮、基本的にはぐつぐつ煮るだけで大丈夫ですよ。
最初の鬼皮をむくところ、渋皮の落とし具合、その辺りに気をつけるくらい。
あとは水をかえつつ、気長~にぐつぐつと・・・。
わたし、夜9時にスタートして、その日中に仕上げようと思ったのがいけなかったみたいです。
水につけたまま、一晩置いておくともっとラクに渋が抜けたかな~とか、いろいろやってみたくって、栗を買う日々が続きそうですよ。

投稿: ハッコ | 2008/10/06 22:16

くるたん家族さん♪

ばれませんでしたよ~。
台所、しっかり片付けてたし、一応、まだぶどう残しておいたので、朝他の子たちにも食べさせたしsmile
チョンコと2人でぶどうをつつきながら、ぼやーっとする夜の時間、わたしもすっごく楽しかったんです。
思春期になって、「夜食なんて、太っちゃう!」って言われるまでに、こういう時間を楽しみたいです。

栗、ころころしててかわいいですよね。
しぶーっと思っていたんだけど、渋いのと渋くないのと、いろいろあったみたいです。
次の日くらいからは渋さがなぜか抜けていて、気付けばあと一粒になっていました。
栗のパウンドケーキやロールケーキ、パンにも入れたりしたいけど、そこまで残ってないのがつらいです。汗。

投稿: ハッコ | 2008/10/06 22:07

makiちゃん♪

栗、あるのー?!すごーい。
なんでみんな、家に普通に栗があるのか、不思議!
ぜひ、お味見しに来て!と言いたいところなんだけど、なんと1キロあった渋皮煮、あと一粒になっちゃった。
日を置いて食べると、渋があまり気にならなくなってたよ。
で、ばくばく食べちゃいました。

今はねー、重曹買って、中山の栗も買って、再挑戦した渋皮煮がありますよ。
すごく食べやすいんだけど、意外と重曹なしのものも手間はかかるけどいい風味だったかも。
今度、食べ比べしてみよー!
えへへ・・・。

投稿: ハッコ | 2008/10/06 22:00

ちょんこちゃんの秘密のノートかわいい!!
大人にとってはなにげない事でもこどもにとってはスペシャルな事ってあるんですね♪
 
渋皮煮おいしそう~!!
私も沢山栗を戴いたので挑戦しようと思っているところです!!
重曹も早速購入してきました~!!
けれど作業結構大変なんですね~

ぐつぐつ煮るだけかと思っていました・・。

けれど、ハッコさんのおいしそうな渋皮煮を見たら俄然やる気が!!
がんばるぞ~!!

投稿: おかん | 2008/10/06 12:03

ハッコさん
チョンコちゃんとふたり「みんなにナイショ!」ってぶどうを食べたんですね。あとでバレなかったですか?
チョンコちゃんにとってはお母さんと2人だけの秘密がきっと嬉しかったと思いますよ。

まんまるの栗!美味しそう!!!
味覚の秋ですね。
お腹がグーっと鳴ってしまいました(^-^;

投稿: くるたん家族 | 2008/10/04 19:23

ハッコさんへ


栗。我が家にあるから持って行くよー(^^)v
味見をしに行こうかな。。。

アハハ。

投稿: maki | 2008/10/04 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わたしの日傘、ダンナのハンチング。 | トップページ | 続・渋皮煮 &ハンドニット帽いろいろ »