« ほしくなっちゃった話。 | トップページ | スピード木工、のんびりパン。 »

またね、またね。

お盆に、ほんの3日ほど、兵庫の実家でのんびりと過ごしてきました。
行きたかった場所・したかったことはほとんど何もできなかったけれど、久々の実家で両親とダラダラと話をしたり、子どもたちと一緒に公園に行ったり。
ゆっくりさせてもらって、感謝です。

ほとんど外出しなかったけれど、実家の近くにある雑貨屋さんには寄ってみました。

134914082008

歩いていける雑貨屋さん。
グッドデザインのものがいっぱい。
台所用品から衣類・小物も。
ちいさなお店だけど、楽しいんです。




085817082008

台所で使うものを買いました。

オリーブのへら。
ミニスパチュラ。
ガラス瓶ふたつ。
どれも使いやすいものばかり。
リピートです。


帰省すると必ず寄る、大好きなLWさんに寄れなかったのが残念。お正月には、絶対行こうね、と話しています。

--------------------------------------------

さて、帰ろう!おうちに出発~!・・・と、帰り支度をはじめたときのこと。
さっきまで笑っていたチョンコが急に車にひとり乗り込み、顔をクッションにうずめています。
「なにやってんの!ちゃんとありがとう、バイバイ言わんと!」と起こすと、泣いてます。

「ざっ・・・ざびじぃぃ・・・(さみしい)」と号泣のチョンコ。
久しぶりに会えたじーちゃんばーちゃんとの別れがさみしいと感じるようになったんだなぁと、チョンコの気持ちの成長を感じました。

140216082008

号泣、チョンコ。
(ばーちゃんも、号泣。)

車が走り出しても、号泣。
いつまで泣くの?
←出発して15分後のチョンコ。
まだ泣いてるし・・・。

結局、30分くらい経ったら、あきらめもつき、気持ちも落ち着いたようで、せんべいをボリボリ食べはじめました。

きっと、こんなに泣くのは今年だけ。来年はもっとクールになってるかな~、どうなっているかな~と想像しています。

出発のとき、「ありがとう。バイバイ!」とみんなが言うなか、「またね、またね。」と繰り返し言っていたチョンコ。
ばーちゃんにとっては、そんなチョンコのことばと涙が何よりうれしかったようです。
「永遠の別れってわけじゃないんだから~。」と言いながらも、もらい泣きしちゃいそうなハハでした。
またね。また来るね。次は、お正月かな?

|

« ほしくなっちゃった話。 | トップページ | スピード木工、のんびりパン。 »

コメント

アベッカムさん♪

こんなに素直に悲しい涙を流せるのってすごいなって思いました。
大人になるにつれ、感情を表に出さないようになって、思いっきり泣くことがなくなっちゃいますもんね。
ときには、ウギャーン!と泣きたいなぁ・・・なんて思ったりもしますが、ハハが泣くと子どもたちが心配するのでやめときますhappy01

最近は、子どもたちを号泣させるほど、こわいおかーちゃんなので、少し優しくなりたいです・・・。

投稿: ハッコ | 2008/08/20 12:15

おかんさん♪

去年までのチョンコとは全く違う反応だったので、ビックリでした。
けっこう、あっさりサバサバしてたんだけどな~?
nagiちゃんも、5,6歳になると、突然、ニュー☆センチメンタルnagiちゃんが現れるかもしれないですよ~wink

最初は「うんうん。寂しいのね~。」と見守っていたのですが、15分も泣き続けているのを見ると、「どうしたもんだか~。汗」でした。
(運転してたダンナがイライラしはじめたので、余計に・・・。)

ばーちゃんにとっては、チョンコの「またね、またね。」が何よりの元気の素になったみたいです。

投稿: ハッコ | 2008/08/20 12:05

marippeさん♪

特にどこかにおでかけしたわけでもなく、いたってジミ~に過ごしていたんだけど、いっぱい甘えさせてもらったんでしょうね。
普段は「お姉ちゃん」してるから、「ちいさな女の子」として甘えさせてもらって、うれしかったみたいです。

帰りの車の中で、ばーちゃんが縫ってくれたハンカチを握りしめて「これを見てたら、ばーちゃんの笑顔を思い出して、涙がでるぅぅ~・・・」と泣き続けていました。
ばーちゃんにはまだまだ元気でいてもらわなくっちゃ!
ばーちゃんにとっても、チョンコの言葉がハリになったようです。

投稿: ハッコ | 2008/08/20 11:57

くるたん家族さん♪

帰省がいつも2,3日で短い分、余計に寂しいのかもしれないです。
多分、1週間ほど滞在すると・・・
「もうっ!早く帰ってよ!!」なんて怒鳴られそうですcoldsweats01

いつも松山に帰る前の日の夜は、ばーちゃんの部屋でふたりであれこれ話をするのですが、この間は「眠いからそろそろ寝る。」と言っても、なんだかんだと話し続けるばーちゃんを見て、やっぱり寂しいんだなぁって感じました。
遠くにお嫁に行っちゃった自分が親不孝だなぁって思いますweep

投稿: ハッコ | 2008/08/20 11:54

もぐさん♪

おーいおーいと雄叫びをあげて泣いていました。
多分、じーちゃんばーちゃんのところでは「ちいさなチョンコちゃん」でいられるから、うれしいんじゃないかな~。
家ではやっぱり「一番上のお姉さん!」って頼られちゃうからね。
いっぱい甘えたいんだよなぁ~と感じました。

それにしても、30分近く泣き続けてビックリよ~。
置いて帰るべき?とか思っちゃったsmile

投稿: ハッコ | 2008/08/20 11:47

すっかり忘れていた、ピュアな心を思い出しました。

 うれしいことの経験も、悲しいことの経験も、子どものうちにいっぱい経験できると、いいですね。

 かくいう私も、子供のころに似たような経験がありました。子どもたちを、号泣させるくらいに優しい大人になりたいです。

投稿: アベッカム | 2008/08/19 13:48

crying感動!!
感動じまじだーcrying

またね。またね。
素敵な言葉ですね。
こんな素敵な言葉が自然にでてくるちょんこちゃん。
素敵な女の子になるんでしょうねlovely

 
うちのお転婆娘にも少し見習ってほしいな~。

投稿: おかん | 2008/08/19 12:21

チョンコちゃん、きっと、楽しい時間が過ごせたんですね☆
おばあちゃんも、離れがたいでしょうね~
うちは、私のおばあちゃんが、いつも号泣しますsweat01
出来れば笑顔で見送ってほしいもんですcoldsweats01

投稿: marippe | 2008/08/19 05:37

ハッコさん
お帰りなさい!楽しくてのんびりした夏休みだったようですね。
チョンコちゃんが泣いてしまう気持ち、分かりますよ。
すごくやさしいお子さんですね。
おばあちゃんが泣いてしまうのは、お孫さんを思う気持ちだけではなく、
ハッコさんの育児の大変さを分かっているし、娘(ハッコさん)と別れるのが辛かったのだと思いますよ。
帰省するのは楽しいけど、別れは寂しいものです…weep

投稿: くるたん家族 | 2008/08/19 05:36

チョンコちゃん、かわいいですlovely

おばあちゃんの事が、大好きなのね。
大切にしてもらってるんだぁhappy01

投稿: もぐ | 2008/08/19 00:06

つれづれさん♪

チョンコが泣くのでばーちゃんも泣き、ばーちゃんが泣くのでさらにチョンコが泣く・・・という、号泣合戦のようになっていましたcoldsweats01

これまでは「ばいばーい!」とあっさり帰っていたんだけど、「遠くって、なかなか会えない」ということがわかってきたようです。
ばーちゃんは、「いつまで、ばーちゃんばーちゃんって言ってくれるかな~。」なんてつぶやいていましたが、自分自身を考えてみると、やっぱりおじいちゃん・おばあちゃんの存在って特別でした。
だから、チョンコもこんなに泣くことはなくなっても、きっと大切に思ってくれるかな?

できれば、いい笑顔で出発してやりたかったのですが、お互いに涙なみだのお別れでした。
けっさんも、そんな時期があったんですね。
素直に涙で表現できるこどもって、ステキですよね。

投稿: ハッコ | 2008/08/18 23:49

momぽっけさん♪

こんなに泣き続けたのははじめてだったので、ちょっとビックリしちゃいました。
おうちには帰りたいけど、ばーちゃんとすぐ会えないのがさみしい~って泣いていて、「遠くって、つらいな~。」って思ってしまいました。きっとばーちゃんはもっともっと、寂しいんだろうな~。

実家の父が気を使ってくれたのか、チーズケーキおいてくれてたんです。やったー♪とか言いながら、まったりいただきました。
濃厚で、お茶の時間にピッタリcatface
みんなでおいしくいただきました。
そして、ウワサのコースターも。予想通り、すっごくかわいい♪
じーちゃんも照れながら使っていましたよ。
本当にありがとうございましたhappy01

投稿: ハッコ | 2008/08/18 23:29

チョンコちゃーんcrying
おもいっきり おばあちゃんになりきってしまった私です。
チョンコちゃんは 心が豊かなんですね。
そして 長男が ちょうどチョンコちゃんのとしのころ
九州の両親と新幹線でわかれるとき 泣いたことを
思い出しました。
おばあちゃん 感激してうるうるしてたなぁ~。
子どもって すてき♪

投稿: つれづれ | 2008/08/18 21:22

こんばんは~ 涙ぐんだ私。
小さな、顔に覆われたその手がなんとも・・・素直で可愛いbearing
チョンコちゃんの中では大きな別れになったのでしょう~
でも、そう思ってもらえるおじいちゃん、おばあちゃんが居る。
泣きたい時に泣けるチョンコちゃん本人。そんな子を持つ母。

きっと、毎日、自然に、素直に過ごしているんだろうなぁ~
と勝手に思っています。
子供は子供らしいのが一番。
泣きたい時に泣けるって、イイ。

チョンコちゃん、きっと良い女の人になれるよ~♪

雑貨屋さん、行ってみたい!!!

投稿: momぽっけ | 2008/08/18 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほしくなっちゃった話。 | トップページ | スピード木工、のんびりパン。 »