« ごめんねーっ!チョンコ・・・。 | トップページ | てとてと。 »

ハチドリのポトリ。

何年か前に聞いた「ハチドリの話」。
最近読んだ本にも載っていて、あぁそうだって思い出しました。
こんな話です。

南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語

あるとき森が燃えていました

森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは
いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」
といって笑います

クリキンディはこう答えました
「私は私にできることをしているの」

出典:『私にできること~地球の冷やし方』(ゆっくり堂)
     『ハチドリのひとしずく』(辻信一監修、光文社)

そのときも「なるほどな」って思ったんだけど、特に何も行動を起こさずじまい。
今回は、少しだけ、自分にできる範囲の「ひとしずく」をしてみようと思い、「箸ブクロ」を作ることにしました。

072823042008

はかなくなったジーパンをリメイク。

赤い糸でちくちくステッチ。
あり合わせの材料で。




072923042008

ちょっと大きかったかな?

家族全員のお箸が入りそう!





ハチドリの話を調べていて、ハチドリ計画 のページを見つけました。
地球の冷やし方、わたしにできること、などが書いてあります。
この計画では、「1ポトリはCO2を100グラムを減らすこと 」だそうで、その単位の言い方がちょっと好きです。

子どもたちのそのまたそのまた子どもたちの時代の地球が、少しでもステキなものであるように、少しずつでもポトリを続けていきたいなと思います。

---------------------------------------

今度の日曜に、内子の菜月自然農園さんで「丘の上の日曜市・笑心村」というイベントがあります。
(エコ、と笑顔のこころ、をかけた名前だそうです。ニコッ。)

手づくりのものなら何でもオッケィだそうで、いろんなものを作っています。
髪ゴムとか、がま口のお財布とか。
(作ったモノは、サイドバーのハル・ノートに記録しています。)
そうだ、箸ブクロもいろいろ作ってみようかな?
そしてマイ箸を楽しみましょう♪ってオススメしてみよう!

|

« ごめんねーっ!チョンコ・・・。 | トップページ | てとてと。 »

コメント

ゆさん♪

ちいさなポトリだけれど、積み重なると少しは違うのかな?と思うと、よし!とがんばれそうです。
ただ、現実的にはいろんな誘惑や無駄も多くて、徹底してしまうことができませんが。
できる範囲のことを、普通に続けられたらいいなぁと思っています。

箸ブクロ、三角でくるくる巻く分が一番使いやすい気がしますよ。
家族みんなの箸やスプーンを持ち歩くときは、ハンカチでぐるぐる巻いて持って歩いています。

投稿: ハッコ | 2008/05/01 06:20

ポトリという単位の言い方、わたしも気に入りました。
はし袋は、二男が冬休みの作品として作ったんですよ。
形は三角をクルクル巻くタイプですが。
ハッコさんが作った形の方が、子どもには使いやすいかな?
今度は、家族用の大きいのも作ってみようかな?

投稿: ゆ | 2008/04/29 15:49

くるたん家族さん♪

ひとりひとりの力は小さいけれど、その力が集まると・・・
どうなるんでしょうね。
ダンナは「そんなのかんけーねぇ!」派なのですが、わたしは「少しは何かかわるかも!」と思うので、ひそかにポトリを続けたいなと思います。

とか言いながら、マイ箸のこと忘れて、うっかり割り箸を使ってしまったりして~。汗。

今日も1日、がんばりましょう~rock

投稿: ハッコ | 2008/04/25 06:14

ハッコさん
ハチドリ計画(私にできること)
素晴らしいことですね。
南アフリカの話ということですが、
人種差別(アパルトヘイト)が話題になる国ですよね。
奥が深い話ですね。
朝からいい話でした。
今日も一日頑張るぞぉscissors

投稿: くるたん家族 | 2008/04/24 05:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごめんねーっ!チョンコ・・・。 | トップページ | てとてと。 »