« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ハハ、というものは・・・

今日は朝からチョンコとオキャポはダンナの実家に遊びに行っています。とても静かな日曜の午前・・・いつも騒がしい中で眠っているレンですが、今日はのびのびと?眠っています。(昨夜、レンはオキャポに頭を踏まれました。涙。ダンナに見ててよと言ったのにー!)ちなみにダンナは早朝からひとりでソフトボールの練習にでかけ、一度帰宅し朝食を食べた後、またまたソフトボールの練習へ・・・。そんなに練習してどうするの?と心底不思議です。

最近、ようやく生活も気持ちも落ち着いてきました。ほんと、ようやく・・・です。がんばらないと、と気合をいれても思うようにできなかったりして、こんなに情けないハハはわたしくらいなのでは?!とさらに落ち込んじゃったりもしました。「こんなはずじゃなかったのにー」と自己嫌悪におちいったり、とにかくじたじたの2ヶ月でした。(まだまだこれから、もっとじたじたするかもしれないけれど。)いろんな方々に泣き言を言って、甘えさせていただいて、このブログでもたくさん励ましていただいて・・・なんとか気持ちがしゃんとしてきました。この場をかりて、本当にありがとうございます!

レンの相手をしながら、ふっと「母親というもの」について考えるときがあります。チョンコやオキャポが赤ちゃんのときには少しも考えたりしなかったのですが、なんでだろう。

最近、赤ちゃんポストとか新生児を放置する事件とか・・・「母性」というものを考えさせられる事件が多いです。昔は、赤ちゃんを産んだら女性はすぐに母親になれると思っていました。実際、そういう方も多いと思いますが、多分わたしは違うみたい。

チョンコを産んだとき、オキャポを産んだとき、レンを産んだとき。それぞれに感激して、「赤ちゃんって、すごい!」と抱きしめてしあわせに思い、大事に大事に育てようと思った。でも、こころのどこかに「母になることへの戸惑い」がある気がします。その「戸惑い」を感じることに、なんとなく罪悪感を感じてしまう。「おかあさん」になったことがうれしくてたまらないのに、なんでだろう。

多分、自信がないからかな、と今思います。自分の母性に自信がないというか・・・。ちゃんとした「親」になれるか、子どもたちをしっかりと育てることができるのか、とか。なんだか不安に思ってしまう。チョンコやオキャポが赤ちゃんのとき、「母乳」にこだわっていたのも、自分の母性に自信がなかったからかもしれません。おっぱいをあげることで、「自分は母親なんだ!」と意識しようとしてたというか・・・。なんだかまだうまくいえないけれど、とにかく母親になろう、ちゃんとした親になりたいとずっとジタバタしている気がします。頭で考えすぎているだけなんだろうなとも思うんだけど。

それにしても、自分が子どもの頃は「親ってものは絶対に迷ったり間違えたりしない、正しいもの。」と思っていました。いざ自分が親になってみると・・・毎日迷ったり、間違えたり、つまづいたり。今度、母に「おかあさんは、どうだった?」って聞いてみようかな。

まだまだ体調の安定しない母ですが、レンを産んでからよくこちらに来てくれて助けてくれるようになりました。いつまで経っても、母は母で、母の前では私はただの子どもなのかもしれないなぁ・・・。チョンコが大きくなったとき、わたしも今の母のように、支えてあげられるハハでいたいな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

赤ちゃんの熱・・・

GW以来、久々に更新しています。

楽しいはずの春~初夏ですが、まだまだなかなか落ち着きません。

この春から晴れて幼稚園児となったオキャポ。通園グッズはオキャポの大好きなトミカで揃え、幼稚園気分でウキウキしていたはずなのに・・・激しい通園拒否をおこしたオキャポ。赤ちゃんが生まれたことで、家(ハハ)から離れることがなんだかイヤになったようです。

キッパリと「幼稚園に行かない」と言って、毎朝ソファから動こうとしない。なんとか説得して車に乗せても、いざ幼稚園に着くと車から降りない。先生に抱えられて「おがぁじゃーん(号泣)」と叫ぶオキャポに後ろ髪をひかれつつ、幼稚園をあとにする日々でした。

ハハ自身の体調や気持ちもとっても不安定になってました。夜、なかなか眠れないことで「なんとなく不安・こわい・・・」という精神状態になってしまい、ご近所の方に相談したりしていました。睡眠不足がわたしにとってかなり「こわい」もののようです。情けないんだけど、これも自分自身。なんとか上手に向き合っていかないと、と思っています。もっとしっかりしないと!と心がけてはいるんだけど、どうにもしゃんとしていないハハなのです。

そんなこんなでなんとなく家の中が落ち着かない日々を過ごしていると、なんだか赤ちゃんのレンまでグズグズと落ち着かない様子。今週のアタマのことです。「どうもいつもと様子が違う・・・」と思いながら授乳すると、おっぱいに吸いつく口が熱い!まさかと思いながら熱をはかってみると、38度3分!!!まだ生後一ヶ月半なのに、もう風邪をひいてしまいました・・・(涙)

考えてみると、オキャポ、幼稚園で鼻風邪をもらったようで、鼻水をたらしています。咳もこんこんでていたし、鼻水をたらしながらレンの口を食べていたっけな・・・。(こらー!と怒ると、だってかわいかったんだもんーと言い訳していました。気持ちは分かるよ・・・)

病院に行こうかと思いながらも、おっぱいはしっかり飲んで、抱っこならよく眠るレンだったので、一日家で様子を見ることにしました。すると、次の日には熱は下がったので一安心。鼻水はひどくって、常にグズグズフガフガいっていますが。久々に鼻吸い器が大活躍しています。まだまだ鼻水はおさまりそうにないですが、これは日にち薬かな・・・?

164019052007 そんなこんなでまだまだ落ち着かない我々の生活です。画像は近所の市場で買った元気なそらまめ!元気な野菜をしっかり食べて、からだもこころも元気にしなきゃ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スマイル赤ちゃん

久々にパソコンからの更新です。モブログも便利だけど、やっぱりパソコンの方が入力しやすいのでラクチン。でも、なかなかパソコンを開く時間がとれません。まだ産後1ヶ月くらいだし、仕方ないとはいえ、ちょっとさみしかったりもして。

GWとはいえ、ちっとも外出せずに過ごしています。子どもたちは暴れ回り、赤ちゃんは昼はよく寝て夜になるとうなりはじめ、騒ぎ出す。なかなかゆっくりは休めませんが、産後すぐから続いていた「病気の連鎖」はようやく一区切りがつき、ほっとしています。みんなが元気、それが一番!としみじみ思います。(が、あまりにもチョンコとオキャポが暴れてわがままばかりいうのを聞いていると、頭が痛くなります・・・)

久々にみなさんのブログにお邪魔したことが、GWの唯一の息抜きになりました。みなさん、楽しく過ごされているようでなによりです♪

近所のお友だちが家族でキャンプに出かけると聞き、「チョンコもキャンプに行きたいー」と言っているチョンコ。来年くらいには、行けるかな?今年はいっぱいガマンをさせてしまっていますが、これから先はいっぱい楽しみがあるからね。(←これ、自分にも言い聞かせています~)

さて、4月30日に無事一ヶ月健診をうけたレン。(一ヶ月健診も自宅でうけることができたので助かりました) 体重は3800グラム。ちょうど1キロくらい増えていました。嘔吐下痢にもインフルエンザにもかからず、元気に過ごしたレン。助産師さんも「よくぞ無事に過ごせたもんだ」と驚いていました。

145804052007生後間もない頃から、なぜかよく笑うレンです。最近は夜中に「ケッケッケッケ・・・」とひき笑いまでしています。赤ちゃんの笑いって、なんか不思議。なにか楽しくて笑ってるのかな?と想像しています。ナゾ。

| | コメント (6)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »